新着情報
What’s New

2018/08/23
ファンワード・ミャンマーが東京大学大学院と医療シンポジウム

2018年8月6日、インフォニック株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役社長菊地宏、以下「インフォニック」)のミャンマー子会社である、看護師育成事業を手がけるファンワード・ミャンマーが、東京大学大学院医学系研究科国際地域保健学教室と共同で、ミャンマーの医師、看護師、医療研究者を対象にしたシンポジウムをヤンゴン市ダウンタウンにて開催。



ミャンマー人参加者からは積極的な質問が続いた


東京大学大学院からは神馬教授、柴沼助教のほか、東京大学医学部学生も参加。柴沼助教による基調講演では、日本の1960年代と現代ミャンマーの近似性、またユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)へのアプローチについて講演ののち、AIによる医療についてのプレゼンテーション、ミャンマー人と日本人と混成の小グループでディスカッションを行い、教授、助教によるフォローアップが行われた。


今後もファンワード・ミャンマーは将来のミャンマーの医療を担う人材の育成を目的としたプログラムを継続する予定。


■ファンワード・ミャンマー(Funward Myanmar Co.,Ltd)の会社概要

(1) 商号 Funward Myanmar Co.,Ltd
(2) 事業内容 看護師育成事業
業務プロセスの自動化(RPA)
ソフトウェア開発(IoT、webシステム等)
ミャンマービジネスコンサルティング
(3) 設立年 2013年
(4) 住所 No.316/322,9 Floor,9B,Middle Block,Shwe Bon Thar Road,Pabedan Tsp,Yangon,Myanmar
(5) 代表者 新井 隆司(CEO)
(6) 資本金 100,000米ドル
(7) ウェブサイト https://funwardmyanmar.com/


ミャンマー人と日本人の混成グループでディスカッション


講演の様子


シンポジウムを終えて