「システム・アプリケーション」
開発・保守・運用

事業概要
各事業部長インタビュー

インフォニック株式会社
関西システムソリューション事業部長 林 大生

インフォニックの受託システム・アプリケーション開発の特徴

インフォニックには、システム企画、要件定義、設計、プログラミング、試験などの開発プロセスの全工程と開発終了後の運用保守サポートまでをオールインワンで対応できる体制があります。

これまで多種多様な業種・業態のお客様の隠れた声に耳を傾け、それを顕在化し、システムに置き換えて提案、実現することを、ひたむきに愚直に行ってきました。

ユーザー企業のお客様との直接取引も多数ある一方、大手のSI企業との取引もあります。

その経験と実績を基に、お客様の事業特性、ご要望に合わせた開発体制の構築と最適な開発プロセスモデルを採択することで、堅牢性と柔軟性を合わせ持った設計・開発を可能にしています。

現在の社内(京都本社および東京本社)における受託開発と、クライアント先常駐開発の比率は、現在5:5程度となっています。

システム・アプリケーション受託開発の分野

主に「業務システム系」と「産業システム系」を中心に開発を行っています。

「業務システム系」では、企業内の社員・スタッフまたは、企業のクライアントが使う主にWEB系・クライアントサーバ系のシステムを多数、取り扱っています。

業務の種類は、それぞれのお客様の業種で必要とされるCRM(顧客関係管理システム)SFA(営業支援システム)から、流通業向けPOSシステム、製造業向けの生産管理システム、製造実行システム、不動産業界向けの賃貸管理システム、その他、文教系、医療系、自治体向けなど特定業種・業務に特化したシステムなどさまざまです。

「産業システム系」では、鉄道の駅の自動精算機の内部で使われる運賃判定のシステムや、RFIDタグを利用した個別物品管理システム等の開発を行っています。

更に、お客様が新しいサービスを立ち上げるにあたり、インフォニックが指名・要請を受けて、そのサービスの基幹となるシステムの立ち上げや、事業の企画提案から入り、サービスを協働で作り上げるプロジェクトなども実施しております。

ただし、汎用機などのレガシーシステムや、機器制御・組み込み系と言われる分野の開発はほぼ行っておりません。

開発で用いる主な技術要素

業務系システムではオープン系 Java,PHP,.NET,Ajax,Android
産業系システムではC++ ,C#
また、セールスフォース、AWSなどの技術を用いてクラウド上での開発も多く取り扱っています。

これまでの開発実績
これまで以下のようなシステムの開発実績があります

業務系システム

  • 住宅メーカー会計システム
  • 住宅メーカー顧客管理・営業販売管理システム
  • インターネット入試出願管理システム
  • 私立大学施設予約システム
  • 私立大履修等管理システム
  • 大手流通業POSシステム・電子決済システム
  • 製造業向け部品管理システム
  • 製造業向け生産管理・実行管理システム
  • 医療系図面配布管理システム
  • 無人ホテルフロントシステム
  • 自治体向け駐輪場管理システム
  • 祇園お茶屋売花管理システム
  • ストレスチェックシステム
  • 産業機器メーカー会計システム
  • 梱包業者向けモバイル写管理システム
  • 不動産賃貸管理システム

産業系システム

  • 駅務システム機器開発
  • ペダリング測定システム(スマートフォン)
  • 2次元通信RFID書籍管理システム

事例紹介

ファイルサーバのWebUI開発

情報通信系企業より、小規模オフィス向けに新たに発売するファイルサーバのWebUI部分の相談を受け、当社にて開発しました。

Webブラウザ上での快適な操作と初心者にも使いやすいインターフェースを実現して欲しいというご要望をいただきました。それを実現するため、当社での開発実績のなかった、Node.js(サーバサイド) 、AngularJS(クライアントサイド)を使いサンプルを作成してみました。

サンプルの出来自体は手応えがありました。そのままお客様にデモを見ていただいたところ、新サービスの構想どおりとの回答と正式発注もらえたので、そのまま開発を始めることになりました。

諸事情がありフレームワークが使えず、サーバサイドを殆ど0から構築ことになったこと、およびリリースに向けたスケジュールではひやひやしました。しかし初めて使う技術に触れることはエキサイティングで、面白く、もちろんお客様にも満足していただき、充実したプロジェクトとなりました。

多店舗小売企業システムのリニューアル案件

多店舗展開する小売業企業より、主に経理関係の方が使用されている各店舗の売上や他社への請求データ等を管理するシステムのリニューアル案件の相談がありました。

従来のシステムは VB.NETで作成されたクライアントアプリでした。店舗も増え、システム利用者数も多くなっていたので、導入の手間をなくすため、当社からはWeb化は必須とご提案しました。プラットホームに関しては、お客様のご要望を踏まえ Microsoft Azure を採用しました。

Azure上でのシステム構築は、当社では実績がありませんでしたが、SQL Database 含め基礎から身に着けながら、システム構成を検討していきました。ただ、開発自体のフレームワークはCakePHPでを使う馴染みのあるもので行ったので、スムーズに開発を進め完成させることができました。

全国展開している誰でも聞いたことのある小売店なので、その現場でわわわれが構築したシステムが使われていることは、大変感慨深いものがあります。