画像

ビジネスインテリジェンスについて

画像

企業内では、日々大量のトランザクションデータ(取引データ)が蓄積されています。従来は、情報システム部門がデータを集計・加工し、経営層や管理職層、一般ユーザーがそれを利用するのが一般的でした。しかし、必要な情報を必要な人がタイムリーに手にすることはできず、せっかくの企業内データを、スピーディーな意思決定、効率的な事業展開につなげることは困難でした。

本来、企業内の大量のデータは、経営層、マーケティングチーム、管理職層などが企業活動を行うための重要な情報の宝庫です。データは、多角的な分析を行うことで、組織内の意思決定を仕事とする人々に、きわめて貴重な判断の指針を与えてくれます。そのデータを効果的に活用するためのアプローチ、それが、まさしくBI、ビジネスインテリジェンスです。

ある情報を必要なユーザーが自分で必要なデータを直接見に行き、データを好きなように分析するアプローチが指向されました。ビジネスインテリジェンスの出現により、情報システム部門が作成した定型レポートで分析する世界から、情報を必要とするユーザーが、さまざまなアプローチ手法で必要なデータを分析することが可能な世界となりました。

BIツール群と適用範囲の活用は、定量データ間に隠れた新たなビジネスチャンスを目の前に出現させます。今まで見えていなかった無駄なコストを可視化します。企業内の業務システムで日々蓄積さえる大量のデータを、眠らせることなく、利益をもたらす貴重な情報源として、いかに迅速に活用するか。それが、企業経営に不可欠となりました。

画像

画像

BIツール群と適用分野

画像

BIの構成イメージ

画像

ELT(抽出・編集処理)

POS、CRM、ERP、SCMをはじめ企業の基幹系システムなどに蓄積されたデータを抽出(extract)し、データウェアハウスなどで利用しやすい形に編集処理(transform)し、対象となるデータベースに書き出します(load)。また、これら一連の処理を支援するソフトウェアをELTといいます。

画像

ビジネスイン・テリジェンスツール(分析・レポート等)

通常、経営層、管理職などのユーザーは、SQLなど特別なITの知識を持たちません。このような層でも必要な情報をタイムリーに、自在に分析し、経営戦略に活用することを実現します。分析ツールは、データをユーザーが自在に使いこなすためのものです。これらの要件を満たす分析ツールの代表がOLAPです。OLAP以外にもエンドユーザーが自由に使いこなせる照会・レポーティング・ツール、ハイレベルな分析や予測を行うデータ・マイニングなどが加わり、分析ツール群は充実しています。またユーザーへの告知や案内を提示するための画面であるWEBポータルなどがあります。

画像

画像

適用分野

画像

営業
  • 全社・事業部別業績管理
  • 決算・連結決算分析
  • 部門別会計、事業別会計、地域セグメント会計
  • 事業計画・予測
  • 経営指標・KPI分析
  • 予実管理
カスタマーサービス
  • 顧客データベース
  • 信用情報分析
  • 与信審査
  • チャネル別販売分析
  • キャンペーン効果管理・分析
  • 顧客プロフィール分析
  • 新商品企画開発
営業
  • 生産計画
  • 在庫管理・分析
  • 品質管理・分析
  • 納期管理・分析
  • 販売管理
  • 開発・製造原価管理・分析
営業
  • CRM、コールセンター
  • キャンペーン管理
  • 離反分析
カスタマーサービス
  • 販売管理・分析
  • 顧客プロフィール
  • 購買履歴管理・分析
  • 商品管理・分析
  • 需要・売上予測
  • POSデータ分析
  • コールセンター
  • チャネル分析


いますぐこの事業についてお問い合わせをしたい方は以下よりお電話、もしくは、お問い合わせフォームよりお願いたします。